ブログ名を『レジリエンス』に変えた。

自己分析オタク

最近、ある2つのことをやった。

1つは、

ひとみ
自分からいろんな人の話を聴きに行って、ブログのネタにしよう!

 

と決めたこと。

思いついたら早速FaceBookに書き込んで、記事にいいね!してくれた人に片っ端から連絡をとって、あっという間に直近2週間の予定が死にそうになった。

昨日、誰よりもアポの約束を速攻でくれた岩崎さんの元へ。

 

テーマは “挫折” 。

なんでテーマを “挫折” にしたのか、それはちょっとあとで説明する。

 

もう1つやったことは、

ブログのタイトルを「RESILIENCE(レジリエンス)」に変えたことだ。

 

 

前々から「ひっとみーろぐ」はダセェなぁと思っていて(というかブログ名知っててくれた人はいるのかな??)、

ついでに、ブログのテーマもいまいち他の人にうまく伝わってない気がするなぁと思っていたところ、

たまたま見ていたサイトで「レジリエンス」、という単語が目に入った。

 

いろいろとググって、難しい文章を読んでみたところ

どうやら、レジリエンスとは挫折や失敗に負けないことらしい。

 

(ウィキペディア様から拾って来た「レジリエンス(心理)」http://レジリエンス(心理学)-Wikipedia

 

失敗をしても明るい人と、失敗をしていちいち落ち込む人

世の中には、本当にいろんな性格と、経験を積んだ人がいる。

昔やった失敗のショックが忘れられず、チャレンジを怖がる人、

根っから性格が明るくて、失敗を失敗とも思っていない恐れ知らずの人、

ぱっと見は華やかに見えるけど、見えないところで努力を積んで、それを他人に悟らせない人、

自分は○○だから、と言い訳する人、etc.

ちなみに私は、「予定外のことが苦手で、感情の浮き沈みがたぶん他人よりも激しすぎる人」だ。感情を安定させるために、自己分析をするためのノートがどんな時でも手放せない。

 

 

巷には、「失敗は成功のもと」ということわざがあるけど、

きっと、ちょっとした失敗で気持ちが落ち込んでしまう人は現実問題、成功にたどり着く前にたくさんの失敗を経験して心がやられてしまう。

何かに挑戦したり、目標があったりするフィールドにおいて、

メンタルが豆腐並みに弱いやつは、失敗を失敗とも思わないお気楽メンタルの人間よりも圧倒的に不利だ。

 

じゃあ、メンタルが豆腐のやつに必要なことはなんなのか?

…いや、言い換えよう

メンタルが豆腐の私は、自分の心を強くする方法をずっとただ知りたかった。

 

RESILIENCE(レジリエンス)

改めて、レジリエンスについてのウィキペディアを読んでみる。

 

心理学におけるレジリエンス(resilience)とは、社会的ディスアドバンテージや、己に不利な状況において、そういった状況に自身のライフタスクを適応させる個人の能力と定義される。(中略)アメリカ精神医学会は、「レジリエンスを築く10の方法」を提唱している。

  1. 親戚や友人らと良好な関係を維持する。
  2. 危機やストレスに満ちた出来事でも、それを耐え難い問題として見ないようにする。
  3. 変えられない状況を受容する。
  4. 現実的な目標を立て、それに向かって進む。
  5. 不利な状況であっても、決断し行動する。
  6. 損失を出した闘いの後には、自己発見の機会を探す。
  7. 自信を深める。
  8. 長期的な視点を保ち、より広範な状況でストレスの多い出来事を検討する。
  9. 希望的な見通しを維持し、良いことを期待し、希望を視覚化する。
  10. 心と体をケアし、定期的に運動し、己のニーズと気持ちに注意を払う。

 

なんだか、

こむずかしい言葉でつらつらと書いてあるし、

書いてあることは項目が多くて、

ついでに、求められてるレベルはえらく高い。メンタルが豆腐のやつにとっては、かなりレベルが高い。

けれど、なんとなく私はこれを読んだ時、

「これは私に必要だ」と思った。

ついでに、言葉の響きがなんかカッチョよかったので、自分のブログのタイトルにした。

 

 

人生で「失敗を全くしない」ことは、無理だ。

そして、「失敗しても絶対に落ち込まない」ことも、多分無理だ(と思いたい)。

けれど、

きっと、「挫折して落ち込んでも、早く立ち直るように訓練したり知恵をつける」ことは誰だってできるだろう。

 

「失敗」や「挫折」は時に、勇気を与えてくれることもある。

私は、自分の就職活動での数々の失敗をきっかけに鬱になって、人間不信になって、

そして、このままでいてたまるか!という気持ちになって、心理学を勉強しようと決めた。

失敗は、成功の元のはずだ。

あのビルゲイツだって、失敗から学ぶことが大事だって言ってた。

 

 

そこで、経験も知識量も足りない私は、思った。

ひとみ
私の少ない経験則だけだとしょーもない記事しか書けないけど、いろんな人の失敗談とか知識を集めたら、いい記事が書けるんじゃね?

 

と。

こうして私は、いろんな人のところに突撃することにした。

 

最後に:ブログへの想い

自分の想いや信念を文章にして、

しかもそれを他人にわかりやすく記事にすることの難しさを、とても感じてる。

ついでに、生まれて初めてのインタビュー記事に、早速苦戦している。ちなみにこっちは、わざわざ時間を割いてもらって話を聴かせてもらってるので、はっきり言うと責任を感じている。

でも、前みたいにブログをやめたりはしないと思う。”自分の書いた記事を届けたい相手” が、はっきり決まったからだ。

私が応援したい人は、「豆腐メンタルだけど、頑張る人」だ。

ついでに言っとくと、「豆腐メンタルだけど頑張る人」は「私」でもある。

私と同じような性格の、いちいち落ち込みやすくて感情に波があって、けれど頑張ることをやめたくないっていう誰かが、記事を読んで為になってくれたら嬉しい。

 

さ、インタビュー記事がんばろ。